WebMiCSコースについて

デジタルで業務の運用・管理を行いたいお客様に

会社のマネジメントを”IT”で運用・管理

WebMiCSコースでできること

1.デジタル上での業務管理の定着

クラウド上で業務の運用・管理ができるITマネジメントツール『WebMiCS』を利用することで、
デジタルによるマネジメントが定着します。

2.ISO認証取得も可能な体制を整備

コースのプログラムを受講していただくことで、
ISO認証審査を受審できる体制も整備可能。
また、ITトレーナーやセミナールームのサポートもつくので、疑問・不安もその場で解消できます。

コース内容

「WebMiCS運用」で“デジタルマネジメント”を始める

クラウド上で業務の運用・管理ができるITマネジメントツール『WebMiCS』を利用して、会社のルール設計・マネジメント活動を行い、デジタルで会社を経営するベースを作ります。

1年目は8回/年、2年目以降は2回/年、お客様専属のITトレーナーがご訪問(または、Web会議システムによるミーティング)いたします

※公平性の観点から、ISO認証機関はISOに関するコンサルティング行為を禁じられています

WebMiCS運用

ご入会1年目のプログラム内容

『WebMiCSコース』ご入会1年目のスケジュールはこちらをご覧ください。