文書管理システム(webIC)のご紹介 <ワークフロー>

Advanced Resource Management

SaaSによる文書管理システム

アームコンサルティング株式会社
HOME
HTML; ?>
トップページSaaSシステム>webIC(文書管理システム)のワークフロー
文書管理システム(webIC)のご紹介 <ワークフロー>
※webICに関するご質問、お問合せは こちらへ
ネットワーク上での文書管理システム
webICは、文書の作成・承認のワークフローがネットワーク上で管理できます。
 

文書の作成・審査・承認という文書管理プロセスがネットワーク上でスピーディー且つ正確に
行えます。

 
webICワークフロー
 
ネットワーク上でのワークフローの利点
ネットワーク上での文書承認機能
  ネットワーク上での文書承認管理になりますので、承認権限者へ対して未承認文書が存在する時は、ログイン時に通知機能にて注意を促すことが可能となり、承認文書の滞りを低減できます。
また、手作業で文書を管理する場合の保管スペースやセキュリティーなどに気を使う必要が無くなります。
  webIC(文書管理システム)では、文書の作成・承認のワークフローがネットワーク上で管理でき、承認完了後の文書のみが各部署のパソコンで閲覧できるように設計されています。
 
 SaaSシステムとは
 webICお問合せ
 
ご興味を持たれた方、もっと詳しく知りたい方、
「webIC」( 旧 ARMnet.)に関するお問合せは、
こちら よりお気軽にどうぞ。

 

このページの上に戻る

 Copyright(C) 2008-2013 ARM StandardCo.,LTD. All rights reserved.